2006年09月19日

サッカー観戦スタイルにみるイギリス人とフランス人の違い。

ロンドンとパリで運良くフットボールが見れました。
9月9日チェルシーvsチャールトン。
9月10日パリSGvsマルセイユ。

前者はロンドンダービー、
とは言っても数クラブがひしめくロンドンにおいて、
両者のライバル意識は希薄。
(CL制覇を目論むチェルシーの眼中にはない!?)
また富裕層の住む地区をホームとする
チェルシーだけあってスタジアムの雰囲気は
非常に穏健そのものでした。

b78b85e5.jpg

この試合、元チェルシーで現在チャールトンに移籍した
FWハッセルバインクがゴールを決めたのだが
驚いたことに一瞬静まり返ったスタンフォードブリッジから
一転して拍手喝采が沸き起こった。
どこまでも大人で寛大な応援風景にちょっと感動。

0401ca38.jpg

スタジアムの帰り道では
ユニフォーム姿の子供を連れた家族連れが目に付く。
怪我で出れなかった「ジョー・コール」のユニを着る子供。
これがまたかわいい!!
相手選手に対する物投げや汚いブーイングもないし、
チケット1枚が定価で40ポンド(約1万円)を
超えるという理由もあるかもしれないが
イギリスでは(ことチェルシーファンにとっては)
フットボールは富裕層の娯楽、といったイメージでした。


これに対して、
パリSGとマルセイユは国を2分する
フランス版クラシコ!!
パリSGは古豪マルセイユにライバル心を燃やし、
マルセイユ側は中央集権都市パリを憎むという対立構図。
「優勝争いよりも重要な一戦」と位置付ける選手も
いるくらい選手もサポーターも白熱する。
(だからリヨンに5連覇もってかれるんだろうけど)

22ea5083.jpg

中指を突き立て、「Enculer!!(英語のファ○ク)」を
連呼するおゲレツなサポート。
なかには興奮してケツを出すアホまでいる始末…。
発煙筒をガンガンに炊くので煙たくて観戦どころではない。

1b8ebfd2.jpg

こちらは「ANTI OM(オリンピック・マルセイユ)」の
ユニフォームを着たスキンヘッドの兄ちゃん。
…全然かわいくない!

観戦したのが一番チケット代の安い
ゴール裏ってのもあるけど、
物は投げるわ、タバコは吸うわ。
殺伐としたスタジアムの雰囲気にびびり
終了5分前に撤収。

6ff31c98.jpg

スタジアム内にもこうした落書きが。
んー、センスの良さは感じるけど
イギリス人とはまったく違った観戦スタイルに
正直愕然。

どうやらフランス人にとっては
サッカー観戦=ストレス発散の場??
ドーバー海峡をひとつ隔てただけで
こうも変わるのだとびっくりしました。

さて、Jリーグが目指す理念はブンデスリーガと聞くが
日本人サポーターの目指すべき道はどちら?

明日もいい日でありますように。


at 04:13│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by ゆきえfromパリ♪    2006年09月24日 07:18
けいいち先生!私は今フランス・パリを初体験中だよ?!リエのブログでけいいちのコメントを今日になって発見(というかパリに来てけーいちを思い出し、色々感想やら、けーいちのパリ生活について聞いてみようと思ってた矢先だったの☆)。そもそもヨーロッパはイギリスしか行った事なかったから、ローマとパリを訪れて、歴史的建造物の美しさに吐息が出るばかり・・・
もちろん「地球の歩き方・パリ」はクタクタで、お世話になってます?{笑い}
日数が限られてて、時間と闘いながら観光スポットを頑張って回るのに精一杯なんだ{走る}だから、次回はもっと、cafeでのんび?りできるフランス旅行をしたいと思います。ので、今度色々教えてね!
2. Posted by けいいち   2006年09月25日 23:05
>ゆきえ女史 ごぶさたしております!ね、パリ行ってるって聞いてさ、ちょっとのタイミングですれ違いでした。それにしても初めてだとは意外。マダム佐分利親子のことだからパリジェンヌ顔負けに堂々とシャンゼリゼを闊歩したことでしょう。ローマもいいよねぇ、ピザ美味しいし!旅でリフレッシュしたらまた仕事も頑張りましょー!
3. Posted by masayo   2006年09月30日 23:45
チェルシー戦あたしも見たい{悲しい}
4. Posted by けいいち   2006年10月07日 19:13
>Masayo 俺はW杯見たかったーよ{悲しい}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字