2008年06月24日

急げ!7月4日まで【mobile art】

珍しく頑張って更新してます。多分3日坊主・・・。

最近、オモローな美術館に行ってきました。
シャネル(CHANEL)のアート・プロジェクト
「モバイルアート(MOBILE ART)」。

728272bb.jpg

ジャンルは普通の(?)現代アートなんだけど
コンセプトがとてもユニーク。
会場となるパビリオンが移動式(ゆえにモバイル)で
2月27日にスタートした香港を皮切りに、
東京、ニューヨーク、ロンドン、モスクワ、パリと
2年間かけて世界を巡回していく。

f68e8b88.jpg

建物の設計はザハ・ハディド。
知ってる?
ローゼンタール現代美術センターや
BMWのCentral Buildingなどを手がけたと言えば
ちょっとピンとくるかも。

現代建築のことはようわからんが、
脱構築主義の旗手だとか、アンビルドの女王だとか
その筋の方々には有名だそうで。
そんなイベントが7月4日までという期間限定で
東京にやってきているのだ。

045fde72.jpg

会場に入ると、MP3プレイヤーを手渡され、
そこから聴こえてくる音声やサウンドトラックに導かれながら、
8つのエピソードからなるアーティストたちのインスタレーション
(場所や空間全体を作品として体験させるアート)を
1時間ほどかけて巡る。

28b117ec.jpg

まるで宇宙船のような内部を
一人で進んでいくことになるので
不安が入り混じった興奮を覚える。

イヤホンから聴こえてくる声が
「さあ、立ち上がってください」
「中を覗いてみてごらんなさい」
「もう充分です、行きましょう」
などと行き先を導き、気が付くと
シャネルのアートな世界観に
どっぷり浸かっているというわけ。

9bc05094.jpg


日本人の参加作家は、
荒木経惟、オノ・ヨーコ、束芋、田尾創樹など。

各作品の完成度は話題性に引けを取ることなし。
入場料も無料だし、ぜひ行ってみて
と言いたいところだが
チケットぴあなどを通して必要な予約は
7月4日まで既にいっぱいとのこと・・・。

fda174f5.jpg

しかーし、諦めるのはまだ早い!
入口で待っていて、もしキャンセルが出れば入れる。
(ただし、2時間待ちとの噂も・・・)

とにかくこの機会を逃すと解体されてしまうので、
この移動式美術館が東京にいる間に
金に物言わせてヤフオクでゲットしてでも
行ってみて下さい。

明日もいい日でありますように。

at 22:28│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by サヤ香。   2008年06月24日 21:10
私もちょうどブログにこのこと書いたよ?。ゼンゼン内容の詳細には触れてないけど。よかったよねー。コレ。楽しめた。
2. Posted by keiichi   2008年06月24日 23:58
見ました!ちなみに内部は撮影禁止なので借り物です。こういう移動式だったりMP3を用いた美術館が東京にもっとできればいいのに。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字