2009年03月25日

たいして詳しくもないくせに映画について触れてみる。

昨日から仕事でベルリンに来ています。
成田であんな事故があったから、
正直着陸の瞬間は怖かった・・・

一週間ほどの滞在ですが、
朝から晩まで、西から東まで、
この街をひたすら歩く予定です。
もちろん、現地での打ち合わせがメインなので、
実り多きものにしなくては。

さて、今日はベルリンのすすめ、ではなく
ベルリンに関する映画のご紹介。

海外に行く前の予習に
映画鑑賞は欠かせないけれど、
ベルリンにまつわる映画はかなり数が多いので
とりあえずこれは、というものを抜粋してみた。

a1a94d0b.jpg

『ラン・ローラ・ラン』

赤い髪のローラが、
恋人のためにお金を工面すべく
ベルリン市内を走り回る。
軽快なメロディが心地よい。

17170d14.jpg

『ベルリン、天使の詩』

ヴィム・ベンダース監督の名作。
おもにモノクロの映像美が
ベルリンへの憧れをよりいっそう掻き立てる。

a76c9b02.jpg

『グッバイ・レーニン』

ベルリンの壁が崩壊し、
時代の流れに翻弄する人々を描いた。
ベルリンの重苦しい過去を題材にしつつも
家族のあたたかみが伝わってくる傑作。

fa832a1c.jpg

『善き人のためのソナタ』

盗聴を続ける旧東ドイツの諜報員が、
人間の感情や温かみを目の当たりにして
少しずつ心が氷解していく感動作。


それしても、
黄金の20年代と呼ばれる時代の後、
第二次世界大戦で徹底的に破壊しつくされ、
28年間にもおよぶ東西分断の歴史を乗り越えてきたベルリン。
現在では、周辺諸国から多くの移民を抱え込み、
なにかと物語には事欠かない、
ドラマティックな都市だと思う。

常に未来へ向けて前進する
この街を映画で定点観測するのは難しい。

けれども、上記4本は映画としても名作なので
時間があれば是非ご鑑賞ください。
あと、他にもベルリンを題材にした映画があれば
是非教えて欲しいです。
ちなみに、『ベルリン、天使の詩』なら貸します。

さて、仕事仕事・・・
今日もいい日でありますように。

at 15:35│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by VJ Yu-Ki   2009年03月26日 12:32
天使のうた貸してください。
買おうとしたら超高かった。
2. Posted by miyat   2009年03月26日 14:09
おい、遊んでないで働けYo!
ベルリンの壁、買ってきてください。
嘘。
3. Posted by keiichi   2009年04月05日 21:43
>Yu-Ki 君、貸しても見る暇ないでしょ。まあいつでも貸します、そして返却は郵便ポストによろしく。
>miyatさん いやいや、結局働きすぎて更新できませんでしたYo!まあやることやっても、ホテルでブログ書く暇があるくらいなら、歩けって話ですね。ごもっともです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字