2009年04月01日

嘘のようなホントの話。

昨年のエイプリールフールには、
こちらのブログで
「宇宙に行った」と壮大な嘘をついたけいいちです。

今年も色々考えてみたけれど、
それ以上スケールの大きい嘘は思いつかず、
やれ「会社を辞めた」とか「いきなり子供ができた」とか、
そのまま信じられかねないネタしか浮かばなかったので
今年は『嘘のようなホントの話』を書こうと思います。

題して

「1ユーロでワイン飲み放題のBar!」

6dd29a5d.jpg

先日ベルリン出張の際に
現地在住の人に沢山素敵なお店に連れて行ってもらったが
そこの中でもとびきり面白かったのが
こちらのヴァイネライ(Weinerei)というBar。

27612872.jpg

外見は普通のお店なのだが、
店内を覗くと地元の人達で満席。
その人気の理由はタイトルにもあるとおり、
こちらのBarでは、わずか1ユーロを払えば
ワインが飲み放題にもなるのだ。

697afe6a.jpg

システムは明快。
入り口で店員に1ユーロ支払い、
その代わりにワイングラスをもらう。
あとは、テーブルに置かれたワインを
自分自身で注ぐだけ。
好きなものを、好きなだけ、である。

10db7ef1.jpg

「飲み放題にもなるのだ」と書いたところで
勘の鋭い人は気づくかもしれない。
いくら物価が安いベルリンだって
そんな料金で商売を続けられるはずがない。

このお店の最大の特徴は、
自分で支払い金額を決める点にある。
つまり、帰り際、飲んだ量とワインの味に対して、
自らの基準で料金を割り出すというのだ。

5f639222.jpg

よって、美味しいワインだと思えば
帰り際に50ユーロ支払って帰るし、
逆に1ユーロ払っただけで
好き放題飲んだあと、黙って帰ったって
それはルール違反にはならない。

74723316.jpg

けれども、
お会計(と言っても瓶に入れるだけ)の瞬間を
しばらく観察していたが、
一銭も払わないで帰る客は一人もいなかった。
店側に粋なコンセプトがあり、
それをリスペクトする客がいる。
なんて素敵なお店だろう!

「なんだよ、結局1ユーロじゃないじゃん」
という批判はまあ置いといて…。
ただの嘘よりはマシでしょ、
今年は嘘のようなホントの話でした。

ba300e14.jpg

こんな会計システムの店が東京にあったら、
どうなるんだろうな??
チップの習慣がない分、
意外とみんな見栄を張ってお店も儲かったりして。

素敵なお店を紹介してくださった
白井さん、キャプテン、ありがとう!

明日もいい日でありますように。

at 15:20│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by たけ   2009年04月01日 19:10
お?!!
いいシステムやね。
東京でやっても面白くなるかも。
是非やって下さい。
2. Posted by ガク   2009年04月01日 21:32
そんなお店があるんだぁ。
凄く大人な感じがしやす。
是非行ってみたいものです。
3. Posted by しらい   2009年04月02日 07:52
けいいちくん、お疲れさま!
今年は「嘘のようなホントの話」か。毎年ウマイねぇ。。。
ヴァイネライ、おれも初めて行ったけどシステムも店の雰囲気も面白かったね☆
あのゆるさ、さすがベルリンって感じで。
おれがこっちにいる間に一度くらいベルリンで遊べればいいねー。
またどこかで遊ぼう☆☆☆
4. Posted by keiichi   2009年04月05日 21:48
>たけ 面白そうでしょ?たけさんのとこの商品の値段もお客さんが決めれるようにしてください(笑)
>ガク 大人と大人の信頼関係があって初めて成り立つ店ですな。
>しらいさん お疲れ様です!ベルリンでは、一晩だけでしたがお会いできてよかったです。イビサでもベルリンでも、いつも素敵なとこ教えてくださってありがとうございます!またヨーロッパで遊びましょう。次はプライベートでベルリン行きたいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字